滋賀県医療情報連携ネットワークシステムの機能

ネットワークシステムの機能

1) 簡単な操作で電子カルテ、在宅療養支援システム(県医師会事業)の内容を閲覧可能です。

 

2) 滋賀県全域の医療機関(病院・診療所等)において、インターネット回線を用いて、病院の検査・診断・治療内容などの診療情報を診療所等で閲覧できるシステムです。

ご利用のイメージ図

ご利用のイメージ図

利用申請の手続き

利用申請の手続き

1) 研修会

  • 利用方法、セキュリティポリシー、利用上の注意事項等の説明を受ける。
  • 研修会終了後、利用申込書を配布する。

※ 在宅システムでは、地域医師会の例会等の会合で研修会を実施しており、びわ湖メディカルネットにおいても同様に研修会参加を利用申込の条件とする

2) 利用申請

  • 利用申込書を提出する。
  • 協議会事務局にて在宅システムや地域連携システムへの利用者登録を行う
  • その後、各システムの利用者IDを1本に紐付けを行う

3) 利用開始

  • 1本化された利用者IDが申請者に通知され、利用開始となる

必要な準備と運用

準備

  • インターネット回線
  • 患者さんの情報を守るための仕組み
  • OSがWindows Vista以降のパソコン

※ 目的外の利用の禁止、OS等への修正プログラムの適用、アンチウイルスソフトの最新化等を運用管理規程で義務付け、それらに違反して発生した事故や障害については、利用者が責任を負うものとする

必要な準備

使用可能なパソコンについて

OS バージョン

Ipsec +

クライアント証明書

備考
 Windows

7

利用可 32bit/64bit
OS対応
8 利用可 32bit/64bit
OS対応
8.1 利用可 32bit/64bit
OS対応
10 利用可 32bit/64bit
OS対応
iOS Ver. 5以降 利用可 iOS標準搭載利用
Mac OS X Ver. 10.6以降 利用可 32bit/64bit

※ Cisco AnyConnect Ver. 3.1の利用を想定しております。
※ 上表は2014年2月現在となります。
今後、メーカーのサポート内容が変更となる可能性がございます。
※Windows Vistaは2017年4月にサポートが終了するため対象外とします
連携基盤システムを利用しない場合でも、サポート終了後はセキュリティに関するリスクが高まるため、OSのバージョンアップを行うことをお勧めします

ハードウェア要件

Windows OS
メモリ:512MB以上
ハードディスク:100MB以上の空き容量
Microsoft Installer, Version 3.1

Mac OS X
ハードディスク:50MB以上の空き容量

その他
AnyConnectインストール時は管理者権限が必要となります。
既存環境にAnyConnectがインストールされており、バージョンが古い場合は再インストールが必要となります。

準備

  • 同意書の取得と情報開示依頼のFAX
同意書の取得と情報開示依頼のFAX

ご利用状況

  • 情報開示施設

    22施設

  • 情報閲覧施設

    221施設(7医療圏)

  • 利用者数

    2346名

  • 登録患者数

    21731名

  • 平成29年10月18日

guide01.pdf
PDFファイル 288.0 KB
滋賀県