胸の大きさと体重増加は比例する?


胸はおよそ90%の脂肪組織で構成されていることから、「体脂肪を増やせば大きくなるのでは…い」と思っている女性もいるかもしれません。

現実的に、それなりの脂肪がないと胸を成長させるのは難しいと言えると思います。

具体的に言うと「スリム/カップ数/体脂肪率20パーセント未満」という条件を満たしているか、またはそれに近い場合、成長させるのは困難と言われているようです。

仮にダイエット中で、そのような数値になっているのであれば、とりあえずいったん中止して、以前のような食生活に戻してみてしばらく様子をみてみることも一案です。

また、毎日のエクササイズやジョギングなどを過剰に実践しているのであれば、なるべく控えめにするべきだとも考えられます。

しかし、「標準体型・体脂肪率20パーセント~」という条件をクリアしているのであれば、体脂肪及び体重を増量させることはないでしょう。

胸を成長させたいからたくさん食べようなどと考えて過剰摂取を繰り返すと、かえって肥満となってしまう可能性も否定できないので注意しましょう。

単純に「胸だけ太らせる」というような都合の良いことはまずできないと思います!

極端にやせ型でないのであれば、胸に効果のあるマッサージや筋トレなどを取り入れ、コツコツと継続していくようにしましょう。

マイペースを基本になるべく毎日続けることに意味があり、それがやがて効果となって実感してくるはずです。

具体的な育乳方法・標準体型編


先ほどもお伝えしました「標準体型/体脂肪率20パーセント~」という条件を満たしているのであれば、体脂肪や体重を増やそうとすることはありません。

しかし、カップ数がAA以下である場合、次項でお伝えする方法を試してみてください。

まずは、「右トップ」「左トップ」「鎖骨の真ん中」を線でつないだと仮定して、きれいな正三角形になるか否かを確認してみてください。

三角形が歪んでいるのであれば、胸が左右に離れたり、下垂しているとみて間違いない可能性が高いと思われます。

この辺りは、個々人のやり方で差がでてきますから、各自の判断によります。

この場合、脇や背中に流れてしまった脂肪を胸の中心に戻すことで、バランスを取り戻すことができるはずです。

脇高で補正力の高いナイトブラを使用するとそのような問題をクリアできるかもしれません。

期間は要しますが、少なくともある程度は修正すると考えて、良いと思います。

加齢が原因で、バストの垂れや離れ、左右のバランス対策にも役立ちます。

ただし毎日着けて寝るようにして下さい。

また、大豆イソフラボンやエストロゲンを増やすボロン、女性ホルモンを促進するたんぱく質を意識的に摂り入れつつ、大胸筋トレーニングやデコルテマッサージを実施することで、育乳効果が期待できます。

タイトルとURLをコピーしました